久留米大学病院 臨床検査部 公式ホームページ official website :  超音波診断センター

Home »  患者さんへ »  超音波診断センター

生理機能検査室

超音波診断センター

検査方法と内容

概要

ベッドに仰向けや側臥位の状態で検査を行います。
対象臓器と探触子(プローブ)の間に検査用のゼリーを塗布し、観察を行います。
観察部位によって検査中に「息を吸って、止めて」と指示をすることがあります。
痛みを伴うことはありませんが、検査に不安がある場合は遠慮なくお尋ねください。

 

腹部エコー(検査時間 約20分)

主に慢性肝疾患患者の経過観察やスクリーニングおよび他臓器癌からの転移の有無を目的として、肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓などの観察を行っています。
その他、腹部造影エコーや肝硬度測定を行っています。

 

注意事項
 ・食事の影響で観察困難となることがありますので、原則として検査前は絶飲食となります。
・腹部造影エコーは卵アレルギーをお持ちの方は検査ができませんので、お知らせください。

 

体表臓器エコー(検査時間 約15分)

乳腺:乳房内のしこり(腫瘤)の有無、大きさや形状の観察を行っています。
   良性の乳腺症から乳癌まで早期に発見することができます。
   指摘された病変は必要に応じて穿刺吸引細胞診、針生検、吸引式組織生検にも
   対応しています。
頸部:頸部表在臓器である甲状腺や頸部リンパ節、唾液腺や頸部腫瘤性病変などの
   観察を行います。
体表:主に皮膚、皮下組織におけるしこりなどの腫瘤や炎症性変化等の観察を行います。

 

注意事項
 ・乳腺エコーは、病衣に着替えて検査を行います。
 検査は女性技師が担当しておりますが、不安なことなどありましたら遠慮なくお尋ね下さい。
・頸部エコーは襟元が広く見えるような状態で検査を行いますので、タートルネックなどの衣服は脱いでいただくことがあります。ネックレスなどは外してください。

 

腎・泌尿器エコー(検査時間 約10分)

腎臓の形態や、結石・嚢胞および腫瘍の有無、膀胱、前立腺の観察を行います。

 

注意事項
 ・検査に影響しますので、検査前の排尿は控えて下さい。

 

心エコー(検査時間 約20分)

超音波を用いて心臓の形態や動き・血液の流れを非侵襲的に観察する検査です。心筋梗塞や弁膜症、先天性心疾患の有無や心筋症など心臓疾患のスクリーニングを行っています。

 

注意事項
 ・検査時は上半身の衣服は脱いで検査を行います。
・手足に心電図を装着しますので、時計などの貴金属は外してください。

 

血管エコー(検査時間 約20分)

頸動脈:全身の動脈硬化の評価や頸動脈狭窄および閉塞病変などの脳血管障害を調べる
    検査です。
下肢血管:肺血栓塞栓症の原因となる下肢静脈血栓や下肢静脈瘤を調べる検査です。
    下肢静脈血栓症では下肢の腫脹、疼痛、発赤などの症状がみられることが多く、
    その原因検索に行われる検査です。
腎血管:高血圧症の原因や慢性腎臓病に関与することがある腎動脈狭窄症を調べる検査
    です。

 

注意事項
・下肢血管エコーでは、下腹部から足首まで観察を行いますので、ズボンは脱いで検査を行います。
・腎血管エコーは食事の影響を受ける場合がありますので可能な限り絶食でお願いします。
・検査に時間がかかるものもありますので、お手洗いは検査前にお願いします。