久留米大学病院 臨床検査部 公式ホームページ official website :  心電図検査室

Home »  患者さんへ »  心電図検査室

生理機能検査室

心電図検査室

検査方法と内容

標準12誘導心電図

両手、両足、胸部(6ヶ所)の計12ヶ所に電極を装着し、心臓の拍動に伴って生じる電気的活動を体表面から記録する検査です。ベッドに仰向けになり、安静時の心電図を記録します。手足に力が入っていると検査に影響しますので、リラックスした状態で検査を受けていただきます。①不整脈の診断 ②心臓の転位、肥大、拡張の状態 ③心筋障害、心筋梗塞の診断 ④先天性心疾患の診断 ⑤電解質の代謝異常の診断 ⑥薬物の効果判定等を目的に実施されます。

 

?負荷心電図

マスター台(2階段)の昇降や医師の監督のもと心電図、血圧を同時に記録するトレッドミル、エルゴメータを用いて、運動前後の心電図を記録する検査です。
運動、精神的興奮等の負荷により狭心症発作を引き起こす虚血性心疾患の診断や、心疾患における運動耐容能測定、運動により誘発される不整脈の検出などを目的として行われます。

 

注意事項
・手足、胸に電極を装置しますので、上半身の衣服は脱いで検査を行います。ストッキングやタイツも脱いでください。
・時計などの貴金属は外してください。
・痛みを伴う検査ではありませんが、不安なことは遠慮なくお尋ねください。

 

ホルター心電図

胸部にシール状の電極を装着し24時間の心電図を記録する検査です。心電図を長時間記録することによって、発作性の不整脈や安静狭心症(異型狭心症など)の検出・診断に有効な検査です。特に症状があった時に心電図異常を伴うかどうかなど日常生活下での不整脈診断や心筋虚血の評価、無症状時の心電図変化などの情報を検出することができます。

 

注意事項
・機器装着時は入浴はできません。

 

ABI/PWV

ABI(足関節上腕血圧比)とは、両側上腕と両足首に血圧測定のカフを巻き、両手足に心電図電極、胸部に心音マイクロフォンを装着し、四肢血圧・心電図・心音図を同時に記録する検査です。同時にPWV(脈波伝搬速度)も測定しています。主に下肢動脈の狭窄や閉塞病変などの末梢動脈疾患や動脈硬化を調べる検査です。

 

注意事項
・シャントがある上腕の血圧測定はできませんので、シャントがある方は検査前に伝えて下さい。