久留米大学病院 臨床検査部 公式ホームページ official website :  脳波検査室

Home »  患者さんへ »  脳波検査室

生理機能検査室

脳波検査室

検査方法と内容

脳波検査(検査時間 約60分)

頭、耳、手に合わせて26個の電極を付け、ベッドに仰向けの状態で横になっていただき脳波を記録します。電極はクリームやシールで付けるため痛みはありません。検査中は安静状態で閉眼していただき、必要に応じて開眼、過呼吸、光刺激などを行います。睡眠脳波を記録する場合は眠くなるお薬を飲んでいただくこともあります。

 

注意事項
・検査に時間がかかりますのでお手洗いは検査前にお願いします。
・検査当日は整髪料を使用せずに来院してください。正確な検査の妨げになります。
・睡眠脳波を受けられる方は、検査時に眠れるように前日の睡眠時間の調整をお願いします(例:いつもより1時間遅く就寝し1時間早く起床)。
・検査後、クリームで髪がべたつくことがありますので、必要な方はくし等の持参をお願いします(洗髪設備はありませんので御了承下さい)。
・薬物睡眠を受ける方は運転を控えて下さい。

 

聴性脳幹反応(ABR)(検査時間 約60分)

頭、耳に合わせて4つの電極を付け、ベッドに仰向けの状態で横になっていただきます。検査中は安静に閉眼していただき、ヘッドホンから出る音を聞いていただきます。音の刺激による微細な脳波の変化を記録し、聴神経の異常や聴力の閾値(どのくらいの音が聞こえるか)などを検査します。

 

注意事項
・検査に時間がかかりますのでお手洗いは検査前にお願いします。
・体に力が入っていると検査が正しくできない場合があります。
・義歯が検査に影響をあたえる場合があります。

 

視覚誘発反応(VEP)(検査時間 約60分)

頭に5つの電極を付け、椅子に座っていただきます。頭や体が動かないようにした状態で部屋を暗くし、前方に設置したモニター(白黒の格子縞模様が反転します)を見ていただきます。視覚の刺激による微細な脳波の変化を記録し、視神経に異常がないか検査します。

 

注意事項
・検査に時間がかかりますのでお手洗いは検査前にお願いします。
・モニターをしっかり見ていただかないと検査が正しくできません。

 

体性感覚誘発電位(SEP)(検査時間 60~120分)

検査部位によって異なりますが、頭、首、背中などに電極を付け、ベッドに横になっていただきます。手首や足首に電気の刺激をし、それに対する反応を記録することで、末梢神経、脊髄、脳を通る感覚神経のどこに異常があるか検査します。

 

注意事項
・検査に時間がかかりますのでお手洗いは検査前にお願いします。
・体に力が入っていると検査が正しくできない場合があります。
・電気刺激をしますので多少の痛みがありますが危険な検査ではありません。
・心臓にペースメーカーが入っている方は検査ができない場合があります。

 

末梢神経伝導検査(検査時間 30~60分)

検査部位によって異なりますが、ベッドに横になっていただき、手指、足などに電極を付けます。手首、腕、足首、膝などに電気の刺激をし、手足の動きにくさや痺れの原因が末梢神経にあるかどうかを検査します。

 

注意事項
・検査に時間がかかりますのでお手洗いは検査前にお願いします。
・電気刺激をしますので多少の痛みがありますが危険な検査ではありません。
・心臓にペースメーカーが入っている方は検査ができない場合があります。

 

筋電図検査(検査時間 約30分)

筋肉に細い電極針を刺し、力を抜いた状態、弱い収縮、強い収縮を意識的にしてもらい筋肉から発生する電流を記録します。筋肉に異常がないかを調べる検査で、医師が行います。

 

注意事項
・検査に時間がかかりますのでお手洗いは検査前にお願いします。
・針を刺しますので痛みがあります。