久留米大学病院 臨床検査部 公式ホームページ official website :  部長挨拶

Home »  部長挨拶

 

部長挨拶

 

 臨床検査は医療における診断や治療のために必要な検査を指しますが、多くの診療科にまたがり様々な検査を含むため幅広い対応が要求されます。久留米大学病院臨床検査部は臨床検査部A(生理機能検査)、臨床検査部B(検体検査、輸血検査室)、その他(超音波診断センター、細菌検査室、心臓カテーテル検査室)に分かれ、それぞれに複数の検査が含まれます。いずれも各臨床科に「正確な検査データを迅速に提供する」ことを職務として検査技師が対応しています。また24時間の緊急検査、輸血や心臓カテーテル検査などにも対応し夜勤の検査技師も含め日常業務に約70名の検査技師が従事し臨床検査部を構成しています。

 今年は平成最後の年となり新たな時代の幕開けとなります。本年度から新技師長を迎え新体制のもと病院中央部門の一つである臨床検査部を運営していくことになります。昨年12月には医療法一部改正に伴い患者さんの遺伝子関連・染色体検査を含む検体検査の精度の確保について改正がなされました。これに伴い検体検査(細胞・組織、血液、尿、体液など)の高い精度保証が求められ、臨床検査に係わる我々の業務内容がさらに厳しく問われるようになります。当検査部は2015年に国際規格であるISO 15189を取得しており、今回の法改正に十分対応可能であります。久留米大学病院の癌診療に係わる病院病理部門も今回の法改正に対応する必要性があることから、今年の臨床検査部のISO 15189の更新に合わせて病理部門を追加して拡大申請を行う予定です。これにより、病理部と臨床検査部は大学病院の検体検査を行う同じ中央部門として日常的にISOマネジメントシステムのもとに協力しながら組織運営することとなります。

このホームページが多くの患者さんや医療関係者に広く活用されることを願っております。

 

2019年4月
久留米大学病院 臨床検査部
部長・教授 中島 収