久留米大学病院 臨床検査部 公式ホームページ official website :  生理機能検査

Home »  部門紹介 »  生理機能検査

生理機能検査室

概要

 生理機能検査は、患者さんの身体の機能や構造に関する生体情報を記録するため、様々な検査機器を用いて検査します。予約検査を多く取り入れていますが、診療の要望にあわせて予約外の検査も積極的に受け入れ、緊急の依頼にも対応しています。当院では、精度の高い検査を実施できるよう生理機能検査室の臨床検査技師が各診療科の医師と連携し、以下の検査を行っています。

心電図検査室

心電図検査室では、心臓の拍動に伴って生じる電気的活動を体表面から記録する標準12誘導心電図をはじめ、負荷心電図、ホルター心電図、ABI/PWV検査を中心に行っています。全科からの依頼に対応し、急患の場合ポータブルでの心電図検査も行っています。

 

検査項目

標準12誘導心電図、負荷心電図(マスター、トレッドミル、エルゴメータ)、ホルター心電図、ABI/PWV

肺機能検査室

肺機能検査では息を吸ったり吹いたりして肺の大きさや、息を吹く強さや、酸素を取り込む能力などを調べます。空気が漏れないように鼻をクリップでつまみ、マウスピースをくわえて、検査技師の指示に従って口で息を吸ったり吹いたりします。
この検査では肺の最大の力を出し切るようにかけ声をかけます。きつい検査ですが、体調が思わしくないときや、きつくてもうできないときなどは遠慮なく申し出てください。検査の説明がわかりにくいときや何のための検査か疑問に思われるときも遠慮なくお尋ねください。

 

検査項目

肺活量、努力性肺活量、機能的残気量、肺拡散能

脳波検査室

全身の神経や筋肉は活動する際に微弱な電流が発生しています。また体の外からの刺激に反応して発生する電流もあります。脳波検査室ではこの電流を体に取り付けた電極で捉えることで、脳、神経の状態を検査しています。

 

検査項目

脳波検査、大脳誘発電位検査(聴性脳幹反応、視覚誘発反応、体性感覚誘発電位)、末梢神経伝導検査、筋電図検査

超音波診断センター

超音波検査とは、超音波を対象物に向けて探触子(プローブ)から送信し、返ってくる反射波を画像化する検査です。超音波検査は非侵襲的な検査で体内の情報をリアルタイムに観察することができます。当院では、各科の垣根を越え医師および臨床検査技師が超音波診断センターにて様々な領域の超音波検査を行っています。予約優先で検査を行っていますが、検査の内容や患者さんの状態などにより順番が前後することもあります。

 

検査項目

腹部エコー(腹部造影、肝硬度)、体表臓器エコー(乳腺、頸部、体表)、腎・泌尿器エコー、心エコー、血管エコー(頸動脈、下肢血管、腎血管など)

心臓カテーテル検査室

心臓カテーテル検査室は、5名の臨床検査技師が医師(心臓血管内科・小児循環器科・心臓血管外科)、看護師、診療放射線技師と共にカテーテル検査・治療に携わっています。 主な業務内容は、ポリグラフを用いた心電図・圧波形のモニタリングと医師への報告、血管内の性状を調べる血管内エコー・血管内視鏡などの周辺機器操作を行っています。また、当院では2014年より経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI)が開始され、臨床検査技師もTAVIハートチームの一員として参加しています。

中央手術部 検査室

中央手術部検査室は、臨床検査技師が1名常駐し、臨床検査に関わる様々な業務を行いながら、安全で円滑な手術が実施できるようサポートしています。 主な業務内容は、術中検体測定(血液ガス、CBC、生化学、凝固)、機器の精度管理・メンテナンス、アルブミン製剤の管理、手洗い水の細菌汚染調査、アナフィラキシー発生時の委託検査、胸部大動脈手術における術中MEPモニタリング等を行っています。