久留米大学病院 臨床検査部 公式ホームページ official website :  一般検査

Home »  部門紹介 »  一般検査

部門紹介

一般検査室

概要

 血液によって腎臓に運ばれた体の中にある老廃物は、余分な水分として尿中に排泄されます。私たちの体はこうして老廃物を処理するとともに、全身の血液や体液の成分を一定に保っています。どこかに異常があると、尿の成分や性質、量などに影響が現れます。
 一般検査室では、腎臓・泌尿器系疾患、糖尿病などのスクリーニング検査などをするため尿定性検査、尿沈渣検査を行っています。また、大腸癌のスクリーニング検査である便潜血検査や寄生虫感染を調べる検査なども行っています。

尿定性検査

尿に試験紙を浸し、色調の変化を見ることで尿中に含まれる血液や糖・蛋白などを調べる検査を行っています。

 

尿沈渣検査

尿中には、様々な細胞成分が存在しているため尿中の成分を調べることで腎・泌尿器系疾患だけでなく全身性のスクリーニング検査として有用です。
尿を遠心処理し得られた有形成分を顕微鏡で調べる検査を行っています。

 

便検査

便検査では、糞便中に含まれる成分を測定することで腸管出血の有無や寄生虫の卵を調べる検査などを行っています。

 

髄液検査

髄液は、脳室あるいは脳・脊髄のクモ膜下腔を流れる無色透明の液体で脳・脊髄を外圧から保護するなどの役割を果たしています。髄液検査では、髄膜炎や脳炎などの中枢神経疾患の診断、治療効果判定などをするための検査を行っています。
髄液中に含まれる糖や蛋白などの量を測定する検査や白血球の種類を顕微鏡で調べる検査を行っています。