久留米大学病院 臨床検査部 公式ホームページ official website :  輸血検査

Home »  部門紹介 »  輸血検査

部門紹介

輸血検査室

概要

 輸血検査室では、貧血や出血、あるいは手術時などで輸血が必要になった患者さんの、輸血に関わる検査全般を行っています。輸血実施時に必要な検査として、血液型検査、不規則抗体スクリーニング検査、交差適合試験(クロスマッチ)などが挙げられますが、これらの検査を確実に行うことにより、安全な輸血医療を支えています。その他、血液製剤の管理保管や血液製剤の在庫調整を行い、緊急輸血時にも迅速に対応できる体制も整えています。
 さらに、手術のためにあらかじめ貯血しておいた自己血の保管管理、検査、出庫業務をはじめ、輸血後GVHDを防ぐため、赤血球製剤に放射線照射なども行っています。より安全な輸血医療を支えるため、24時間体制で様々な検査や業務を行っています。
 以下に、主な検査の特徴を示します。

血液型検査

ABO血液型と、Rh血液型を実施しています。
輸血時には、血液型を合わせる必要があります。

不規則抗体スクリーニング検査

輸血や妊娠などで、抗体が産生された場合、輸血した血液が凝集したり血液を溶かす(溶血)こともあります。こういう抗体が存在していないかどうかを見る検査です。
もし、抗体が検出されたら、抗体を絞り込む「同定検査」を実施します。

交差適合試験

輸血を受ける患者さんの血液と、輸血用血液製剤の血液を、試験管などの中であらかじめ混合し、輸血が適合するかどうかを見る検査です。