久留米大学病院 臨床検査部 公式ホームページ official website :  細菌検査

Home »  部門紹介 »  細菌検査

部門紹介

細菌検査室について

概要

 細菌検査室では、感染症の原因となっている細菌や真菌(かび)などを調べる検査を行っています。また、他の部門と連携した活動も精力的に行っています(ICT活動、環境検査、水の培養検査など)。

一般細菌検査

患者さんから採取された喀痰、尿、便、血液、膿などの臨床検体を培養して、感染症の原因菌を調べる検査です。細菌を染色して顕微鏡で観察する塗抹検査や培養した菌の種類を調べる同定検査などを実施しています。また、感染症の原因菌に対してどんな薬が有効なのかを調べる検査(薬剤感受性検査)では自動分析機器を用いて迅速に行っており、抗菌薬治療や院内感染対策に貢献しています。

抗酸菌検査(結核菌検査)

結核菌などの抗酸菌の検出を行っています。抗酸菌は発育に時間がかかるため検体から直接菌体を検出することができる遺伝子検査(リアルタイムPCR検査)も実施しています。

ウイルス検査

インフルエンザウイルスやノロウイルス、ロタウイルスなどの迅速検査(POCT検査)、肝炎ウイルスの遺伝子検査(リアルタイムPCR検査)を実施しています。

ICT活動

ICT(Infection Control Team)とは、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師等で構成され、院内の様々な感染対策を行う組織です。細菌検査室では検査から得られた細菌の情報をICTへ還元し、院内感染対策に貢献しています。また、病棟ラウンドや感染対策委員会への参加、手指汚染度検査、環境検査など様々な活動にも関わっています。

栄養部と連携した検査

栄養部からの依頼で、厨房の環境検査や栄養部職員の定期的な検便検査(腸内細菌検査、ノロウイルス検査)を実施しています。

病院施設課と連携した活動

病院施設の冷却塔水の定期的な環境検査(レジオネラ検査)やその他の水の培養検査を実施しています。