久留米大学病院 臨床検査部 公式ホームページ official website :  沿革

Home »  検査部案内 »  沿革

臨床検査部 沿革

1961年4月 久留米大学病院検査室設置
1968年4月 久留米大学病院中央臨床検査部新設
1976年~1985年 JICA要請によりネパール王国へ検査技師派遣開始
1982年~1983年 JICA要請によりカンボジア国へ検査技師派遣開始
1986年~1992年 JICA要請によりパキスタン国へ検査技師派遣開始
1994年7月 久留米大学医療センター臨床検査室新設 生理検査室、輸血管理室自主運営開始
2000年8月 中央臨床検査部に輸血部が統合
2000年8月 中央臨床検査部から臨床検査部へ改称
2002年5月 臨床検査部に心臓カテーテル検査室、中央手術部検査室が統合
2005年4月 臨床検査部に中央採血所が統合
2006年 臨床検査技師の採血業務開始
2015年4月 久留米大学医療センター 臨床検査室 検体検査室自主運営開始
2015年4月 超音波診断センター新設 臨床検査部より検査技師派遣
2015年12月 臨床検査部 ISO15189所得

 

歴代部長

山崎 晴一郎 教授 1968年4月-1984年3月
近藤 重信 教授 1985年4月-2000年3月
佐川 公矯 教授 2000年4月-2011年3月
中島 収 教授 2011年4月-現在

 

歴代技師長

木下 昭 技師長 1972年4月-1987年3月
納富 忠彦 技師長 1987年4月-1993年3月
水本 隆章 技師長 1993年4月-2000年3月
高木 基成 技師長 2000年4月-2008年3月
東谷 孝徳 技師長 2008年4月-2011年3月
梶村 克成 技師長 2011年10月-2013年3月
橋本 好司 技師長 2013年4月-2019年3月
川野 祐幸 技師長 2019年4月-現在